産廃選別のリサイクルでセイブ・ジ・アースを実現

ゴミ

ベルトコンベアーの必要性

粗大ごみ

大きな荷物や砂利や砕石などのバラ物とよばれる産廃はまず運ぶことから大変な作業が必要となります。ベルトコンベアーを使うことでその作業の効率化を図ることが可能なのです。

Read More

現場のニーズに応える

扇風機

専門の業者は数多くありますが、産廃選別に関する機材を提供している業者も存在していることは工事などを請け負う業者なら知っておいた方が良いでしょう。産廃を適切に選別するための機材を現場のニーズに合わせて提供してくれます。

Read More

いろんなものに変わる

不用品

産廃選別をきちんと行えば、汚水や砕石といったゴミもリサイクルが可能になります。いろんな物質で混じっていた汚水や砕石を種類別に分別することが必要です。そうして資材を無駄にしない工事ができるのです。

Read More

資源の有効活用に繋がる

産廃選別の種類と仕組み

不用品

産廃は、産業廃棄物のことで、さまざまな産業の過程で排出されるゴミまたは業者が一括して集めたゴミ類のことを指します。産廃ではその種類ごとに適切に処理されることが求められています。産廃はその種類ごとに回収されますが、そのほかの種類が混ざりこんでいる場合があるため、産廃選別処理が行われます。これらの産廃選別を行う施設は中間処理施設と呼ばれ、処理施設内で人の手や機械を利用し、木材、プラスチック、金属くず、がれき類、古紙、ガラス、陶器などに産廃選別されます。この産廃選別されたものは、リユース可能なものは専門の処理業者に運び込まれて新しい製品として使用されます。またリユース不可能なものは適切に焼却または埋め立て処分が行われます。

選別されることで得られるメリット

産廃選別をする意味としては、限りある資源を適切に再利用するということであり、環境に負荷を掛けないということです。現代の大量生産大量消費の時代においては、大量廃棄物をもたらしており高度成長期から大量のゴミの処理が課題となっていました。産廃選別では廃棄されるゴミの中から再利用可能なものを選別して、リユースすることでゴミ処理にかかる環境への負担を減らせるメリットがあります。また選別するメリットとしては、その種類ごとに分けられるのでが、減容処理ができるというものがあります。減容処理は破砕や圧縮といった方法で、容量を減らすというものです。容量を減らすことにより、輸送コストが下がり再利用するさいのコストを下げることができます。